• 建材
2018年4月15日

インテリアと合わせやすいRêveの建材(2019年度)

※本記事は、2018年4月15日時点の情報になります。

※2020年9月1日から仕様が変わりました。新しい仕様はこちらの記事をご確認ください。

こんにちは。敷島住宅のインテリアコーディネーターです。

本記事は、インテリアと合わせやすいRêveの建材の特徴についてご紹介しています。

トータルコーディネートでお洒落に

当社のRêveでは、デザイン性と機能性で定評のあるLIXIL(リクシル)のラシッサラインを採用しています。インテリアの大きなポイントとなるドア・引戸・クローゼット扉は、15種類のデザインから、カラーはプレシャスホワイトとクリエカラー(5色)の全6色からお選びいただけます。ラシッサカラーは本来の木が持つ風合いや色味を正確に表現したカラーで、どのように組み合わせても違和感がなく、トータルコーディネートしやすい点がポイントです。

暮らしの快適に配慮した室内建具

建具はデザインだけでなく、日々の暮らしやすさに配慮した機能も備えています。たとえばドアの開閉音を小さくする消音ラッチ、引戸を閉めた時のはね返りを抑えるブレーキ機能であるソフトモーションなど気配り機能も見逃せません。また、小さなお子様や高齢者にやさしい安全機能も充実しています。2枚建・3枚建の引戸には指を挟みにくいクロス引手、クローゼットの折戸は指を挟みにくい木口形状にするなど安全面でも十分に配慮されています。

たっぷり仕舞える玄関収納

玄関収納はコの字型・ミラー付きでたっぷり仕舞えるサイズです。高さ2384mm・ワイド1200mm・奥行400mmで、特に奥行400mmの空間は扉裏のスペースを有効に活用でき、靴の収納量を減らさずに傘などの玄関回りの小物をすっきり収納できます。扉のカラーは建具と同様にプレシャスホワイトとクリエカラー(5色)の全6色からお選びいただけます。

健康で快適な暮らしを支えるフローリング

Rêveのフローリングは「木」本来の自然な風合いと色柄を持ちながら、環境に配慮した素材を使用し、住む人にやさしいLIXIL(リクシル)の製品を採用しています。表面にハイパーフィルムを採用していて、すりキズや汚れに強く日焼けやひび割れもおきにくいのが特徴で、表面の特殊処理により面倒なワックスがけも不要です。また表面と基材の間に硬質バッカーを使用しているため、キャスター付きの椅子や机、車椅子の使用でもへこみやキズが付きにくくなっています。さらに温度変化にも強いため床暖房にも対応しています。カラーは木目タイプでクリエカラー(5色)からお選びいただけます。

以上が当社が取り入れているのRêve仕様の建材の標準仕様になります。その他インテリアコーディネートを楽しめるオプションも用意しております。ぜひ住宅選びのご参考になさってください。

 

敷島住宅のブランドRêveのその他の仕様概要はこちらです。

敷島住宅のスタンダートブランド Rêve

執筆者/敷島住宅のインテリアコーディネーター
執筆者/敷島住宅のインテリアコーディネーター
敷島住宅のインテリアコーディネーターが執筆者です。お客様の住まいのお手伝いをいたします。
  • ぜひお近くのモデルハウスを見学してみましょう。

    shikishima-townでは大阪・京都・滋賀などの分譲物件情報をお届けしています。

    近くの分譲地情報を見る

関連記事

知っておきたい、フローリングのお手入れ方法をご紹介!

現在、日本の住まいの床材で一番主流となっているのは集成材フローリングです。 ほとんどの方は、床に埃やゴミが落ち…

  • 建材

代表的な階段5種類!特徴をご紹介します

皆さんは、階段に様々な種類があることをご存知でしょうか? 階段は行き来のしやすさを左右する、重要な箇所になりま…

  • 建材

ウッドショックが住宅価格に与える影響とは?

こんにちは。敷島住宅営業担当です。 皆さんは今、住宅業界で問題となっているウッドショックをご存知ですか? ウッ…

  • 建材

住宅に使われる「耐力壁」について解説!耐力壁の特徴って?

皆さんは、「耐力壁(たいりょくかべ/たいりょくへき)」という言葉を聞いたことがありますか? これからマイホーム…

  • 建材

新築住宅に和室を導入したい方におすすめ!和室・畳の特徴とメリット

日本人にとって、和室は家の中になくてはならない安らぎの空間ですよね。 これからマイホームを購入しようとお考えの…

  • 建材
上へ