• 安心安全
  • 知っておきたい用語解説
2020年6月1日

「24時間換気」とは?気になる用語を解説!

新築をお考えで「24時間換気システム」という言葉を目にしたことがある方も多いでしょう。
また「今住んでいる賃貸物件に付いている」という方もおられるでしょう。
この「24時間換気」は、建築基準法により義務付けられており、新しく建てられる戸建て住宅には欠かせないものです。

今回は「24時間換気」とその換気システムについてご紹介いたします。

住宅における機械換気設備(24時間換気システムなど)の設置義務

2003年7月1日にシックハウス対策のための規制として、住宅基準法の改正がありました。
改正内容は、シックハウスを防ぐために住宅建築で使用できる建材や換気設備を規制するもので、その一つとして換気回数0.5回/時間の24時間換気システムを設置することが義務付けられています。
「換気回数0.5回/時間」とは、簡単に言うと、1時間で部屋の半分の空気が入れ替わること。
現在の新しく建てられる戸建て住宅は気密性や断熱性が高く、昔の日本家屋のように自然な換気は行われないため、この基準を満たすためには、安定した換気を機械的に確保するシステムが必要となります。

24時間換気システムの種類

24時間換気システムには、大きく3種類があります。

 

第一種換気システムは、給気と排気の両方を機械で行います。
戸建て住宅でも使われており、空気の循環をコントロールしやすいことや、室内の空気と外気の熱を交換する「熱交換システム」を導入できるのもメリットです。

第二種換気システムは、給気を機械で行い、排気は自然の空気の流れを利用します。
機械で給気を行うことで、中に溜まった空気を押し出すのです。
汚染物質が入り込みにくいため、主に工場や研究所などのクリーンルーム、病院の手術室などで使われています。

第三種換気システムは、給気を自然換気で行い、排気を機械で行います。
室内の空気を機械で外に出せば、自然に外の空気が中に入ってくる仕組みです。
設置コストや電気代を安く抑えられるというメリットがあり、住宅によく使われます。

24時間換気を止めるとどうなるの?

第三種換気システムを設置していると、外気を取り込むために、給気口の近くはどうしても夏は暑く冬は冷たい空気が入り込んでしまいます。
また、24時間常に動いているので電気代が気になるかもしれません。
「それなら、機械を止めてしまえばいい」と考える方もおられるようですが、絶対にやめてください。

現在の新築住宅は高気密高断熱のため、閉め切ってしまうと自然に空気が入れ替わることはありません。
24時間換気システムの義務化の主な理由は「ホルムアルデヒドなどの有害物質が室内に溜まり、健康に害を及ぼすことを防ぐため」です。
空気の流れを止めた部屋は、空気がよどみ化学物質などが溜まっていくのです。
また、湿気も溜まるために結露がおこり、カビが発生しやすくなります。

「どうしても夏の暑い空気や冬の冷気が入ってくるのが気になる」という方は、第一種換気の熱交換システムをご検討ください。

フィルター掃除も忘れずに!

24時間換気システムには給気口、排気口ともにほこりやゴミが入ってこないようフィルターが設置されています。
目詰まりしてくると換気機能が落ちてしまいますので、説明書をチェックして定期的なフィルター掃除も忘れずに行ってください。

まとめ

今回は住宅の「24時間換気」について解説いたしました。

新築をお考えなら、必ず24時間換気システムが設置されます。
なぜ必要なのか、どんなものがあるのかを知っておくことで、よりご自分やご家族のライフスタイルにあったものを選んでください。

執筆者/敷島住宅企画設計部
執筆者/敷島住宅企画設計部
敷島住宅設計部が執筆者です。お客様の住みやすさを考えた暮らし方提案をしています。
  • ぜひお近くのモデルハウスを見学してみましょう。

    shikishima-townでは大阪・京都・滋賀などの分譲物件情報をお届けしています。

    近くの分譲地情報を見る

関連記事

住宅の「高さ制限」って?気になる専門用語を解説!

建築基準法や都市計画法により、住宅における用途地域の種類の制限、建ぺい率や容積率による建物の大きさの制限などが…

  • 安心安全
  • 知っておきたい用語解説

自宅でお手軽グランピング!今話題のベランピングとは?

最近話題になりつつある、「ベランピング」。 自宅のベランダでアウトドアを楽しむということで、最近少しずつベラン…

  • 安心安全
  • 知っておきたい用語解説

「動線」とは?住宅の間取りの考え方

「間取りってどうやって決めたらいいの?」 と、お考えの方は多いのではないでしょうか。 これから新しく住宅を購入…

  • 安心安全
  • 知っておきたい用語解説

中高層住居専用地域とは?気になる用語を解説!

都市計画法、都市計画制限などにより、その土地によってどんな建築が可能なのかが定まっています。全部で13区分ある…

  • 安心安全
  • 知っておきたい用語解説

火打梁とは?

木造住宅の天井部分などに、斜めにかかっている梁が4隅に設けられているのを見たことはないでしょうか?この斜め方向…

  • 安心安全
  • 知っておきたい用語解説
上へ