• インテリア
2018年9月30日

照明の種類はこんなにあるの!?その特徴をご紹介! その1

こんにちは。敷島住宅のインテリアコーディネーターです。

みなさんは、照明の種類はどれくらいご存知でしょうか?
天井に設置するものや部屋の隅に置くものなど多くの種類があり、それらの照明の使い方次第で空間を自分好みに演出することができます。
では、その照明には具体的にどのようなものがあるのでしょうか?
今回は、「照明の種類とその特徴」について2回に分けてご紹介いたします。
部分照明・間接照明については「照明の種類はこんなにあるの!?その特徴をご紹介! その2」もどうぞ。

シーリングライト

照明として最も馴染みのあるものは、このシーリングライトだと思います。
シーリングライトとは、天井に直接取り付けるライトのことをいいます。
部屋全体を明るく照らせることが特徴です。

デザインはシンプルな物が多く、中には光の色を変えられるものもあります。
しかし、このライトは均一に部屋全体を明るくするのが目的なので、光の広がり方が単調です。もし、空間の雰囲気づくりをするなら、シーリングライトの光量を減らし、スタンドライトやスポットライトなどの部分照明を取り入れてみてください。

シャンデリア

シャンデリアとは多灯型の照明器具で、天井にフィットするスッキリしたシーリングライトと違い様々な形の天井からぶら下げるタイプがあります。

きらめき感のあるゴージャスなものからシンプルなものまでデザインも多様で、広い空間の印象づくりに向いています。
リビングやダイニング、吹き抜けなどに設置して、おしゃれな空間を作るのにおすすめです。

ダウンライト

ダウンライトとは、天井に埋め込んで設置する照明器具のことをいいます。
このライトの特徴は、出っ張っていないということです。
そのため、天井をすっきりとモダンに見せることができます。
1つの設置では明るさが足りないこともありますが、複数設置することで広い部屋でも照らすことができます。

廊下やトイレ、収納などの場所に使われることが多いです。

ペンダントライト

ペンダントライトは、チェーンやコードを使って、天井からつりさげるタイプの照明器具のことをいいます。
明るさやデザインも豊富であるため、インテリアのアクセントとして照明を選びたい方にとってはおすすめです。
空間の雰囲気づくりには向いていますが、取り付ける高さや光量、広がり方には注意が必要です。
場所に合わせてコードの長さを考え、適切な長さ、灯数を設置してください。

 

以上、照明の種類とその特徴についてご紹介しました。
第二弾では、スポットライトやスタンドライトなどの部分照明・間接照明についてご紹介しておりますので、合わせてこちらの記事もどうぞ。

「照明の種類はこんなにあるの!?その特徴をご紹介! その2」

照明は、種類を変える選ぶだけで、空間の印象を変えることができます。
新築で好みの空間を作りたいという方は、お気軽に当社へご相談ください。

執筆者/敷島住宅のインテリアコーディネーター
執筆者/敷島住宅のインテリアコーディネーター
敷島住宅のインテリアコーディネーターが執筆者です。お客様の住まいのお手伝いをいたします。
  • ぜひお近くのモデルハウスを見学してみましょう。

    shikishima-townでは大阪・京都・滋賀などの分譲物件情報をお届けしています。

    近くの分譲地情報を見る

関連記事

トイレ特集!~敷島住宅の分譲住宅モデルハウス施工事例

今回は、敷島住宅の分譲モデルハウスから、トイレをご紹介! 小さな空間ですが、それだけに壁紙や設備で大きく印象が…

  • インテリア

部屋のインテリアをお考えの方へ!色から得られる効果とは

部屋の印象を大きく左右するのがインテリアの色合いです。 上手に配置すれば生活の質が大きく向上します。 そこで今…

  • インテリア

「アクセントクロス」とは?選び方と失敗しない方法は?

皆さんは「アクセントクロス」をご存知ですか? アクセントクロスを知っている方でも、導入する際にはどういったポイ…

  • インテリア

壁紙にはどんな種類がある?代表的な壁紙の特徴をご紹介します

適切な壁紙を選ぶことで、イメージに合った雰囲気を作ったり、メンテナンスの負担を減らすことができます。 この記事…

  • インテリア

オプションで選べる畳スペースのデザイン例!住宅に畳を取り入れて、安らぎのある空間を

住宅の中にあると落ち着く和室や畳の存在。 現在は賃貸住宅に住んでいるけれど、新築住宅を購入するなら和の空間を取…

  • インテリア
上へ