• 住まいの工夫
  • 安心安全
2018年8月3日

地震から家を守る

こんにちは。敷島住宅の企画設計部です。
今日は耐震についてのお話をしようと思います。

近年、日本のあちこちで地震が発生していますね。直近だと6月の大阪北部地震があり、大阪に本社をかまえる弊社の顧客様、関係業者様、また社員にも被害がでました。

大切な家を守るために

さて、そんな予期せぬ地震から大切な家を守る為にどうすればいいのか…
建物には住宅性能表示制度に基づいた耐震等級という基準があります。

耐震等級とは

等級は1~3まであります。

耐震等級1…建築基準法の耐震性能をみたしている建物
耐震等級2…等級1で耐えられる地震力の1.25倍の力に対して倒壊や崩壊等、損傷を生じない程度
耐震等級3…等級1で耐えられる地震力の1.5倍の力に対して倒壊や崩壊等、損傷を生じない程度

と定められています。
だったら等級3の家を建てたい!!
誰でもそう思いますよね。ですが次に問題なのはプランなのです。
等級が上がるということは、プランの制限が厳しくなります。

大きな吹抜けのあるリビング!!明るく開放的な大きな窓を取り入れたい!!

憧れますよね。でもどうしても無くせない壁や床がでてきてしまうのです。
家も守りたいし、希望のプランにもしたい!…悩ましいところです。

免震・制震

ただ、等級3を取得することだけが、強い家にすることだけではありません。
免震・制震という言葉を聞いたことはありませんか?

免震建築物…建物と基礎の間に免震装置を設置し、地盤と切り離すことで建物に地震の揺れ直接伝えない構造
制震建築物…建物内部にオモリやダンパーなどの「制震部材」を組み込み、地震の揺れを吸収する構造。

こうしたもので揺れを軽減するのも、家を守る一つの方法です。
弊社は、耐震等級3を標準構造とし制震ダンパーを採用しています。
その為、大阪北部地震では「あまり揺れなかった」とお声を頂きました。
地震はいつおこるかわかりません。絶対大丈夫なんて事も言えません。
ですが、備えることは大切です。

 

家を守るには上記に書いたこと以外にもたくさんあります。
色々な要素をバランス良く取り入れて、強い家・希望のプランを設計士と相談してみてください。

執筆者/敷島住宅企画設計部
執筆者/敷島住宅企画設計部
敷島住宅設計部が執筆者です。お客様の住みやすさを考えた暮らし方提案をしています。
  • ぜひお近くのモデルハウスを見学してみましょう。

    shikishima-townでは大阪・京都・滋賀などの分譲物件情報をお届けしています。

    近くの分譲地情報を見る

関連記事

台風などの天災に住宅設備からできる対策を!

地震をはじめ、台風や水害など災害大国と言われている日本。特に近年では豪雨による水害や台風被害なども増えてきてお…

  • 住まいの工夫
  • 安心安全

一戸建てでも安心安全!セキュリティ対策いろいろ!

住む上で気になるセキュリティ面。住まいはそのまま生活拠点になるので、防犯対策にもきちんとこだわりたいところです…

  • 住まいの工夫
  • 安心安全

住宅の構造で耐震性を高める!Tec-Oneをご紹介します

地震の多い日本では、耐震性の高い家に住み、安心して暮らしたいものですよね。 「耐震性能を高める方法は?」 と、…

  • 住まいの工夫
  • 安心安全

「省令準耐火構造」って?気になる用語を解説!

住宅について調べていく中で、「準耐火構造」という言葉を聞いたことはないでしょうか?住宅の中には、火災に対して強…

  • 住まいの工夫
  • 安心安全

木造住宅の地震対策!どのような機能があるの?

「木造住宅は、やっぱり危険なの?」 日本は地震大国ですよね。 そして、最近でも大きな地震が短いスパンで複数起き…

  • 住まいの工夫
  • 安心安全
上へ