• 住まいの便利帳
  • 住まいの工夫
2022年9月2日

夜も注意!夜間熱中症について対策をご紹介!

こんにちは。敷島住宅営業担当です。

まだまだ暑い日が続きますが、日中は熱中症対策をしていても、夜間の対策はできていない方も多いのではないでしょうか。
夕方以降は昼間の暑さと比較すると涼しく感じるかもしれませんが、夜になっても室温はあまり下がらず眠っている間に熱中症にかかることもあります。

今回は意外と認識されていない夜間の熱中症について、対策を含めてご紹介いたします。

夜間熱中症とは?


熱中症にかかる人の約4割は、夜間に発症しています。寝ているときは熱中症の症状を自覚しにくく、水分補給をしないので寝ている間に熱中症になることがあります。

なぜ夜間に熱中症になる?

夜間に起こる熱中症の原因の一つは、室温です。

日中、建材に蓄積された熱が夜間に放出されることで室温が下がりにくくなり、その状態のまま眠ってしまうことで熱中症になることがあります。寝ているときは熱中症の症状を自覚しにくいですし、汗をかいても水分補給をしないので熱中症にかかりやすい条件が揃ってしまいます。

夜は涼しいから大丈夫だろうと油断せず、エアコンや扇風機をつけたり、冷却機能のある寝具を使って、快適な睡眠環境を整えましょう。

夜間熱中症の対策

夜間熱中症はどのように防げるのか、対策をご紹介いたします。

寝る前に水分補給をしっかりしよう


眠っている間はコップ2~3杯分くらいの汗をかくといわれています。

室温が上がれば更に汗をかきますが、睡眠中は水分補給ができませんよね。
汗によって体中の水分が不足すると脱水症状を引き起こし、熱中症にかかる原因になります。

そこで、眠る前に必ずコップ1杯分の水分補給をするようにしましょう。このとき、利尿作用のあるお酒やコーヒー、緑茶は避け、水、麦茶、経口補水液を飲むことがポイントです。

夜間もエアコンを活用しよう


寝ている間の室温が28度を超えないように、エアコンを設定しましょう。快適な睡眠環境の目安は、室温26度・湿度50~60%です。

エアコンが苦手な方は、水を張ったバケツに氷を入れたものを枕元に置いたり、保冷剤や氷枕などを活用してみてください。

このときのポイントは、なるべく朝まで持続する方法を取り入れることです。
寝ている間に室温が上がると、また熱中症のリスクが高まるため効果が持続する対策法を取り入れてくださいね。

適度な運動で筋肉量を維持しよう


筋肉を増やすことも熱中症対策の一つです。

筋肉が減ると「筋ポンプ作用」という血液を循環する力が弱まります。
この機能が低下すると体を冷却させる機能も弱くなるので、熱中症にかかりやすくなってしまうのです。

昨今は感染対策や日中の暑さによって外出する機会が減ってしまい、運動不足になりがちですが、涼しい時間帯の散歩やおうちトレーニングで筋肉量を減らさないように心がけましょう。

まとめ

熱中症に注意しなければならないのは昼間だけではありません。夜は昼の暑さで疲れていることもあり、熱中症にかかる方が多いのです。今回ご紹介した方法で熱中症対策をしながら、快適な生活を送りましょう。

  • ぜひお近くのモデルハウスを見学してみましょう。

    shikishima-townでは大阪・京都・滋賀などの分譲物件情報をお届けしています。

    近くの分譲地情報を見る

関連記事

ジメジメ湿気をなくしたい!新築の湿気対策には調湿機能をもった壁材がおすすめ

これからの季節は夏に向かって気温が上がるとともに、だんだんと湿気も増えてジメジメしてきますよね。 そんな時期に…

  • 住まいの便利帳
  • 住まいの工夫

~プロから学ぶ~手軽なフラワーアレンジメント(初級編)

自宅で過ごす時間が長くなり、お花を飾る方が増えているそうです。 そこで今回は、お花選びや、ちょっとしたコツでお…

  • 住まいの便利帳
  • 住まいの工夫

企画設計担当が解説!モデルハウス施工事例~ハンモック付きサンルームのある家~

こんにちは、敷島住宅の企画設計部です。 私ども企画設計部はお客様と一緒に考えて設計する注文住宅の他にも、分譲地…

  • 住まいの便利帳
  • 住まいの工夫

臭いは設備や素材でカバー!シューズクロークの臭い対策

家の顔とも呼ばれる玄関に入って、最初に目が入るのはシューズクロークです。靴を入れる場所ですが、このシューズクロ…

  • 住まいの便利帳
  • 住まいの工夫

ルーフバルコニーのある暮らし方

一戸建て住宅の間取り計画において、屋外空間を活用することは検討しましたか? 屋外空間としてルーフバルコニーを検…

  • 住まいの便利帳
  • 住まいの工夫
上へ